疲労とは - 疲労回復.net

疲労とは

忙しい現代、人は皆、(子供も大人もお年寄りも)

疲労を抱えています。

では、疲れとは一体なんでしょう。


エネルギー不足であれば、食事をすることで
疲労回復します。


でも、エネルギーを注入しても、疲労回復
しない時もあります。


疲労とは、睡眠不測が原因だったり、
人間関係において心が疲れたり、
様々のストレスを体と心に

かけた結果、生じるものです。


この疲労回復することを無視して、
心と体を酷使し続けると、
今度は別の病気に変わることもあります。


疲労であるうちに、休みを与えてあげれば、
病気に会わないで済むことも多々あります。


そう考えると、疲労は、
心と体に休息を与えてあげて!」という
大切なアラームであるともいえます。


ちなみに疲労と疲労感は、大きく異なることも
ここに挙げておきます。


「疲労感」とは、遣り甲斐や達成感に比例します。

ゴルフで10数キロ歩いても、スコアがよく終われば、
疲労感は感じません。


遣り甲斐がある仕事を、夜遅くまでこなしても、
疲労感は感じません。


でも、ゴルフを連日行えば、さすがに体に疲労は感じます。

また、過労死している人の多くは、
遣り甲斐のある仕事をし続けている人であることも
データとしてでています。


疲労感を感じていないからって、
疲労を無視してはいけません。


体と心のサイレンに、自分自身がいつも
敏感に反応してあげ、疲労の貯金は
しないことが大切です。


1988年の厚生労働省の疫学調査によると、
(ある地域の15〜65歳、男女4000人)

疲労を感じている人の割合は、60%という
数字が出ています。


また、その60%のうち、37%が6ヶ月以上
その疲労を感じたままの、慢性疲労という
結果もでています。


10年以上も経っている昨今、数字の増大は、
想像できます。


疲労は、別の病気に繋がるだけではなく、
作業能力の低下にも繋がり、いいことは、
全くありません。


いい仕事をしながら、健康に楽しく過ごすには、
疲労を慢性化させることなく、

疲労と疲労回復を交互にできる
日常生活が必要です。

タグキーワード
疲労回復の入門カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 疲労回復.net All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。