疲労度チェック - 疲労回復.net

疲労度チェック

疲労に自分で気がつかないと、疲労回復は
勿論出来ません。


疲労と一言で言っても、人によって症状は
様々です。


中には、疲労回復させずに、
過ごしてしまう場合もあります。


早いうちに、疲労回復できるように、
自分の中の疲労に気がつきましょう。


以下、当てはまるものは、ありませんでしょうか。


・作業能率の低下を感じていませんか。


・夜眠れないとうことはありませんか。


・集中力は続かないということはありませんか。


・体がだるい、重いと感じていませんか。


・休日なのに体を酷使してませんか。


・顔色が悪いと言われていませんか。


・風邪引きやすかったり、引くと長引いたりしていませんか。


・目覚めは、悪くありませんか。


・足がつりやすかったり、むくみが酷かったりしていませんか。


・肩こり/腰痛が酷いということは、ありませんか。


・耳鳴りがすることはありませんか。


・いびきを指摘されていませんか。


・イライラすることが多くなっていませんか。


・お腹が張ったり、のどが異常に渇くことはありませんか。


・胃はもたれやすいということはありませんか。


・何もしていないのに、疲労を感じることはありませんか。


該当するものが、多くても休息をとることで、
疲労回復できれば問題ありません。


が、ちゃんと休息をとってもなかなか
改善しないようであれば、要注意です。


病院での受診が必要です。


今まで、出来たことが出来なくなったり、
ミスが多いなど、日常生活に支障を感じたら、

即病院にいきましょう。


大丈夫だろう」と自身で勝手に判断せず、
体の調子の悪さを感じたら、まず内科に行きましょう。


必要に応じて他科を紹介してもらえます。

また、眠れないときや、
心の症状に思い当たる節がある場合は、
心療内科で受診してもらいましょう。


当たり前のことですが、早ければ早い受診の方が、
軽症で済みます。

タグキーワード
疲労回復の入門カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 疲労回復.net All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。