肝臓疲労とその回復法 - 疲労回復.net

肝臓疲労とその回復法

疲労回復しないと怖い臓器の1つに
肝臓があります。


飲み過ぎ、食べ過ぎで肝臓の動きに限界が
くると肝臓も疲労を感じます。


肝臓は、人間の体にとって多くの働きを
していますので、ここの疲労回復させずに、
疲労を溜めておくと
悪影響が及ぶことは、
想像するのは難しくありません。


すべてにおいて疲労とは、酷使しすぎて、
処理能力が下がり、いつもと同じ動きが
できなくなることです。

肝臓疲労も全く同じです。


飲み過ぎ・食べ過ぎは勿論のこと、睡眠不足や、
ストレスの貯め過ぎ・運動のしすぎも

肝臓疲労に繋がります。


肝臓の疲労回復が出来る前に、
また酷使し続けることで、
大きな病気へ変わってしまいます。


肝臓は、腹部内の多くの大切な臓器と
繋がっています。


この肝臓疲労が、全ての臓器疲労に直結
していることも容易に考えられます。


人間の体には「ATP」というエネルギーを
作り出すことで原動力を保っています。


そのエネルギー創出を邪魔する物質の1つに、
飲酒で作り出される「アセトアルデヒド」があります。


アセトアルデヒド」は、アルコールを
分解する過程において作り出されます。


この物質が増えれば増えるほど「ATP」の
育成を邪魔し、全身疲労に繋がります。


アルコールが全くいけないわけではありません。
百薬の長という言葉もあるくらいです。


飲み過ぎない(分解が出来る程度)ことと
飲み方によって、肝臓に疲労を与えないように
することが大切です。


毎日飲む人は、週1〜2は飲まない日を作りましょう。

それでも、二日酔いと縁は切れないと思います。


二日酔いになってしまったら、まず水分を
補給してください。冷水か、ほうじ茶がお勧めです。


アセトアルデヒド」を分解させることが大切です。

食欲がなくても、スープ程度は胃に入れてください。
シジミの味噌汁や野菜スープがいいでしょう。


昼食は、消化のいい野菜中心のものを
選ぶといいでしょう。
決して、揚げ物などは食べないように。


夜になり、お酒も抜けて、
今夜も・・・・分かりますが、その日はお酒を避けて、

豆類や魚などたんぱく質をしっかり取ることが大切です。


肝臓のケアをしっかりし、肝臓に疲労を
ためないように、楽しくアルコールと
付き合って生きたいものですね。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 疲労回復.net All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。