胃腸疲労とその回復法 - 疲労回復.net

胃腸疲労とその回復法

疲労回復させようと、肉でパワー
つけようとしたり、疲労回復のための
甘いケーキを別腹に入れる人は、

結構いると思います。


ただ、それは疲労回復と逆効果
なることもあるのです。


肉のとりすぎや、糖分の取りすぎは、
肥満に繋がることは当然です。


また、糖分をたくさん取り血糖値を上げれば
集中力が高まると、よく言われますが、

それは、一時的に過ぎません


急激に上がったものは、急激に下がります
すると、血糖値が下がりすぎて、

低血糖の状態になります。


体がだるかったり、イライラしたり、
集中力がなくなる状態になります。


また体自身は、下げた血糖値を今度は、
上げようとするので、甘い物を欲します。


さらに、甘いものをとりすぎると、
ビタミンB郡を奪われます


ビタミンBが不足すると、疲労を感じやすくなります。

また、甘いものだけではなく、食べすぎも
体全体の疲労を感じさせます。


人は、食べ過ぎると毒出しを行います。
(発熱など)


その症状は、風邪と似ています。
食べすぎは老廃物を貯めますので、
ウィルスがつきやすくなるとも言わ
れています。
ウィルスがつきやすくなると風邪を引きます。


まずは、胃腸の消化は12時間以上
かかることを忘れないようにしましょう。


食べ過ぎたな!と思ったら、次の食事を減らすなり、
抜くなりしましょう。


抜いた後の食事も決して食べ過ぎないように
心がけましょう。


そして、日々の食事に、炭水化物・魚・大豆・肉・
緑黄色野菜・淡色野菜・芋・海藻類などを
バランスよ
く食べるようにしましょう。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 疲労回復.net All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。