子供の疲労と疲労回復 - 疲労回復.net

子供の疲労と疲労回復

最近の子供はよく「疲労」を口にします。

子供が疲れたなんて言わないの!
なんて注意しますが、
もしかしたら疲労回復を
考えなくてはならないのは、大人だけのものでは
ないかもしれません。


子供は寝れば、疲労回復しそうなものですが、
最近はそうでもないようです。


パソコンや携帯電話は大人の社会だけの
ものではありません。

それに増して、今の子供は、ゲームに夢中です。


そして、勉強。大人より目を酷使していることも
あるでしょう。


また、姿勢の悪い子供も目立ちます。
パソコンやゲームを姿勢の悪い格好で長時間行って、

疲労を生んでいることも考えられるでしょう。


昔の子供と比較すると、生活時間も変化したひとつでしょう。

夜遅くまで塾で勉強、そして帰宅し勉強やゲーム。
それも全て画面で。


日々、慢性睡眠不足の子供も増えています。
VDT症候群は、眠りが、浅いことも考えられます。

10時間以上眠っても、眠りが浅いと、
脳の疲れは取れません。


生活サイクルの狂いからも子供の疲労は、
倍増していることも考えられます。


働く親が増えて、食事は1人でハンバーガー。
ということも少なくないでしょう。


栄養のバランスの崩れも疲労を生む要素です。

時代に合わせているというよりも、親に合わせて、
崩れている生活リズムは、子供にとっては必ず、
破綻がきます。


バランスの良い食事を家族で楽しくすることや、
目への休息、そして親ととるコミュニケーションも、
今の子供にとっては必要で、親が促してあげないと

心の病も引きかねません。


親だけではなく、周りの大人が子供のケア
することも、子供の疲労回復には必要なことです。

 

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 疲労回復.net All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。