男性(20代〜30代)の疲労と疲労回復 - 疲労回復.net

男性(20代〜30代)の疲労と疲労回復

ある疲労調査によると、勤務における疲労を
感じている人は、25歳以下の若年層で
4分の1
最も高かったらしいようです。

若くてもなかなか、疲労回復が
出来ていないようです。


個人の特性から見ると、粘り強さや抗ストレス力が
かけている人や自尊心が低い
人、
神経質な人、
入社間もない人、未婚者や家族との関係が
良くない人
などが、
疲労回復ができないでいる
というデータも出ているようです。


そのようなデータをみると、最近の若い男性の
特性が如実に出ているような感じがします。


今の中年の、男性の言葉を借りると、20代の頃は
寝なくても仕事ができたし、遊びもできた。

だから、若いうちは疲労回復なんて関係ない。

なんて口にしますが、今の若者には
通用しないようですね。


それでも、多少無理が出来てしまうのも
若さゆえです。


困難な就活で得た仕事です。

自分の疲労に目をつぶり、休息を欲している体に
無視をして、毎日夜遅くまで残業し、

断れない上司の誘いに、飲みたくないアルコール。


体を休めたい日曜日、彼女のご機嫌をとるにも
若い体に鞭を打つ。


そして、翌朝月曜日から疲れた顔で
「おはようございます」。長い1週間の始まりです。


これでは、どんなに若くても慢性疲労の一員です。


疲労と付き合う生活習慣を変えることが
できないなら、日々の生活に工夫が必要です。


朝食をとらない若い男性が、増えています。

少しでもいいから朝食を取り、
体と脳を目覚めさせましょう。


シャワー習慣の若い男性も増えています。
お風呂につかる習慣をつけましょう。


料理をしないのなら、ジャンクフードばかりではなく、

スーパーの惣菜や手軽に食べれる
野菜などに目を向けましょう。


そして、やっぱり睡眠不足
気をつけることが一番です。


若いうちの疲労に無視し続けると、
中年になったときにツケが回ってきます。


そうならない内に手を打つことが大切です。

 

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 疲労回復.net All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。