人間関係疲労と回復法 - 疲労回復.net

人間関係疲労と回復法

人間関係の疲労は、なかなか疲労回復を
させるのは難しいところです。

仕事での人間関係になると、毎日のことですから、
疲労回復せずに溜まる一方です。


ある疲労度調査によると、
仕事で疲労を感じていますか?の問いに

「強い疲労を感じている」という人は26.5%。
「やや疲労を感じている」という人は51.9%。

「疲労を感じていない」という人は21.6%
結果が出ています。


「強く疲労を感じている」と回答したのは、
男性40代が32.7%で最も多く、

次いで女性30代が32.3%、男性30代が30.3%
いずれも3割を超えています。

「疲労を感じていない」という人は、
女性50代が35%、男性30代が29.3%

男性50代以上が28.3%でした。


男女とも3割以上の人は、疲労回復が
できていないということと、
置き換えられるのではないでしょうか。


疲労の原因は、仕事の内容、職場の
人間関係が目立ちました。

イヤなら、関係を終わらせればいいのですが、
仕事であればそうは行かないから、やっかいです。


人間関係の悩みは、新人でも、
ベテランでもつき物です。

本人の努力で、解決するものと組織レベルでなければ
変えられないものとわかれますが、

本人の努力で、変えられるのであれば、
長く勤める為にも変えたいものです。


言われた言葉や態度の見方を、
少しだけ変えてみると楽になります。


もし、嫌味やいじめのような言葉を相手から
言われた時、その言葉や態度は本当に
嫌味なのか、
いじめなのか一度振り返りましょう。


相手も仕事に一生懸命で、
口調が強くなっているんだな、とか

きっと私のことを考えて言ってくれているんだな、
もう次はミスをなくそう。とか

少しだけ判断を変えるだけで、自分の感情や
行動も変わってきます。自分が変わると
相手も変わります。


付合いが面倒くさいけれど断れずストレスを
感じている人、多くいます。

女性同士であると、仲間はずれにされるのが
怖いせいか、なかなか断れず無理しているようです。

ここで、信条的なものを少し変えると楽になります。


会社の中には、一切プライベートな付合いは
しませんという人も中にはいるでしょう。

それが、いいというわけではありませんが、
その人は、恐らく仲間はずれになんかなって
いないと思いま
す。


八方美人になる必要はないですし、断ったくらいで、
仲間はずれにするような人であれば、
それまでの付合いです。

時には1人で、自分磨きも必要です。


会社を辞める原因に、人間関係の悪さも
よく目立ちます。

厳しい昨今、なかなか自分にとってベストな会社は
多くはないでしょう。


多くの人間関係は自分が変わることで
相手も変わります。

辞める決断をする前に、少しだけ努力をしても
遠回りでは、ないはずです。

 
 

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 疲労回復.net All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。