仕事疲労と回復法 - 疲労回復.net

仕事疲労と回復法

仕事での疲労は、挙げれば数え切れないでしょう。

肉体疲労と精神的疲労。疲労回復させずに、
疲労を溜めれば溜めるほど、生産能率の低下や怪我につながり、

自分だけではなく、周囲にも影響を与えます。


まずは、仕事の何に対して不満を感じているのか、
自分自身で気付くことが、疲労回復させる第1歩です。


人間関係は勿論のこと、給料や仕事内容、昇給に
ついてなど様々なことに分かれます。

全てを紙に書くのがいいでしょう


10個以上あれば、心の疲労は、重症です。
既に日常生活に支障がある要因思われます。

体調まで良くないようであれば、早めに病院での
診断が必要です。


肉体的疲れを少しだけ解消する方法として、
昼休みの昼寝をお勧めします。

とれれば30分くらいとりたいものですが、
取れないのであれば5分でも、10分でも。


昼食後、可能であれば、毎日同じ時間が
効果的です。作業能力がUPします。

寝起きは、伸びなどをして、体を動かしてください。


パソコンを多く使う人は、軽いストレッチは
マメにしてください。

忘れがちな手首を、伸ばすことも大切です。

机に両手をつけて(指先を自分側に)両手をついて
ゆっくり体重をかけながら、10〜20秒手首を伸ばします

そういった小さなストレッチも、疲労回復に繋がります。


オフにお酒で心の疲労回復もいいですけど、
飲み続けるとお酒は、耐性ができ、飲める量が、

ドンドン増えます。その結果、肝臓の疲労に
繋がります。肝臓は、週2日くらいは休みを
与えてください。


運動でストレス発散は大いに結構です。
でも過度に激しい運動は疲労を助長させて
しまう恐れもあります。

自分の体調や、体力にあった運動を気持ちよく
行う方が発散できるでしょう。


My No残業dayも作ることをお勧めします。
時に明日出来ることは明日でもいい!と考えて、

On Off のスイッチを変えることも必要です。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 疲労回復.net All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。