疲労と肩こり - 疲労回復.net

疲労と肩こり

肩こりの原因は、筋肉の疲労回復が、
できない
ことによるものが一番多いようです。


肩や首筋には、様々な筋肉が重なり合っています。
これらの筋肉に疲労が溜まって
肩こりが
起こりやすくなっています。
肩の疲労回復がなかなかできずに、
慢性肩こりの人は数多くいます。


筋肉疲労の肩こりは、肩や首筋の血の流れが
悪くなり、筋肉の中に老廃物が、
溜まことによって
起こります。
勿論、筋肉疲労には、運動によるものもありますが、

常に、同じ筋肉を使いすぎて、
それが疲労となり肩こりが起こります。


サラリーマンやOLの肩こりは、デスクワークなどで、
長時間同姿勢により不良姿勢で、

全身が運動することなく、同じ筋肉だけを使い続ける
ことで筋肉疲労が起こりやすくなります。

同じ姿勢でい続けるということは、腕や首を
支えている筋肉が疲労をおこし、血流が低下し、

筋肉に老廃物が溜まり、肩や首の神経を刺激し、
それが痛みとなって現れます。


肩こりは、首や肩の筋肉を使いすぎて、
それらの疲労が慢性化し筋肉の血流が
悪くなった状態の為、
起こります。


使った筋肉は、「疲労回復をしてまた使う」という
繰り返しをしないと、どうしても慢性化してしまいます。


筋肉疲労による肩こり以外に、内臓の病気からくる
肩こりもありますので注意が必要です。


マッサージしても、こりや痛みが取れなかったり、
日増しに酷くなったり、片側の肩だけが

こるような症状があるときは、内科の受診を
したほうがいいです。


狭心症・心筋梗塞・肺がん・糖尿病・高血圧・
低血圧・貧血・胃炎・胃潰瘍
などの病気を
患っている時、
肩こりが起こる場合もありますので、
たかが肩こりと侮れません。


心臓病は、左胸から左肩などに痛みが走ります。

肝臓障害は右肩から肩甲骨に痛みが走ります。
胃腸障害は肩甲骨の間に痛みが走ります。
肺の病気は肩こりや肩甲骨の間に痛みが走ります。
当てはまるような痛みを感じたら、早めの受診をしてください。

タグキーワード
疲労から生まれる怖い病気カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 疲労回復.net All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。