疲労と冷え性 - 疲労回復.net

疲労と冷え性

疲労回復をさせないでいると、
血液の流れが悪くなり、冷えを生じてしまいます。

最近では女性ばかりではなく、男性も冷え性
悩んでいる人も多いようです。

特に多いのは、疲労回復させないままで、
疲労が慢性化し、それに伴い冷え性も慢性化
してしまう状態です。


冷え性をほおって置くと、睡眠不足にもなり、
疲労回復できません。

病気による冷え性もありますので、注意が必要です。


貧血や心臓の病気、または、甲状腺や膠原病は、
冷え性を生じます

まずは、この病気に当てはまらないか、
冷え性の人はチェックしたい所です。


冷え性が続くと疲労回復せず、ストレスもたまり、
頭痛や月経痛の痛みを悪化させ、

イライラや睡眠不足を起こしてしまうこともあります。


冷え性の原因としては、基礎代謝の低下や
偏食・OA機器による電磁波や静電気の
影響
が考えられます。

また、この夏の猛暑で冷房器具の使いすぎにより、
抹消血管が異常に収縮してしまい血液が
足先まで流れず
冷え性になってしまう人も
いるかもしれません。


いずれにしても、血流が悪い状態で起こるのが、
冷え性といえるでしょう。


冷え性の解消は、疲労の回復とイコールであると
いっても大げさではありません。

まずは、冷えない体を作りましょう。


朝ごはんを抜くと血流の循環は悪いままなので、
冷え性に繋がります。


食事の内容も、インスタントばかりだったり、
米・パン・麺類など炭水化物ばかりで、

偏っていると、体を冷やします。


野菜も大切ですが、夏に収穫される野菜は、
体を冷やす野菜
といわれていますので、

生野菜ばかりではなく、温野菜に切り替えましょう。


南の国や、夏に収穫される果物も
体を冷やします
ので、これからの季節は、
控えましょう。


コーヒーや発酵されていない緑茶も体を冷やします。

ビールやウィスキーもその時は、顔もほてり
温まりますが、暫くすると体は冷えてきますので、

控えめに。


体を温める野菜は、根菜類です。
冬は寒い地方や時期に収穫されるものを
摂取しましょう。


生姜や香辛料もいいですね。

お茶は発酵されているものを。
紅茶やほうじ茶など茶色いお茶が、
発酵されています。


お酒を飲むなら、赤ワインや日本酒を
飲み過ぎない程度に。


注意したいのは、体にいいからといって、
そればかり摂取しすぎず、バランスよく
取り入れてください。


 

タグキーワード
疲労から生まれる怖い病気カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 疲労回復.net All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。