疲労と気管支喘息 - 疲労回復.net

疲労と気管支喘息

疲労回復をさせないことにより、
喘息になる場合があります。


本来、喘息の持ち主ではないのに
喘息のように咳き込むような症状も
疲労と関係します。


これは、疲労回復させないことで、
ストレスを溜めてしまうとこが原因とも
言われています。


風邪でもないのに、咳き込んでいる人をよく見かけます。

やはり、疲労を溜め続けていると気管支にまで
影響を及ぼすということでしょうか。


最近では、40代、50代になって喘息
患う人も多いようです。


寝不足や、ストレスからの疲労の重なりが、
喘息の発作に繋がるようですので、

喘息になる前に、疲労回復をしておきたいものです。


日々の生活で、喘息発作を避けるには、
照明や入浴に工夫をした方がいいとのこと。


睡眠1時間くらい前から、部屋の照明をゆっくり
暗くするようにして、脳に寝るサインを出しましょう。


お風呂はすこしぬる目のお湯に、ゆっくりつかりましょう。

エアコンのフィルターはマメに掃除しましょう。
布団や畳のダニにも、喘息の発作に繋がります。

極端に熱いものや冷たいものも、
喘息の発作を導きます。

アクの強いものは、気管支の粘膜を刺激します。
取り過ぎないように注意が必要です。

山芋・ほうれん草・ナス・タケノコは取り過ぎないように。


喘息がでてしまった場合、アルコールやタバコは絶対に禁止です。


やはり、原点は、過労をさけて、
疲労を溜めないことです。

疲れたと思ったら、無理をせず、
その日の内に睡眠をとるようにしましょう。


好きなテレビでリラックスしていても、
夜更かししてしまえば、逆効果です。


風邪を引くと気管支が刺激され、
喘息発作を起こしやすくもなります。


疲労回復に伴い、風邪を引かないよう
健康管理にも気をつけましょう。

 

タグキーワード
疲労から生まれる怖い病気カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 疲労回復.net All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。